過去に販売禁止になったゲーム一覧「早くそのゲームを売るのをやめろ!?」

今回は販売禁止になったゲームを紹介していたキリンさんの動画を見ていきました。

過去に販売された、知る人ぞ知るタイトルも実は販売中止になっていたようです。

バトルフィールド3|販売中止になったゲーム

最初に紹介されたのはバトルフィールド3です。

64vs64など戦争系FPSとしても有名なこの作品では、イランで販売中止となったようです。

戦争系あるあるなのですが、作品の中で中心となる国だと販売中止になることが多いです。

特に日本なんかよりも、海外の方がチェックが厳しいみたいです。

グランドセフトオート|販売中止になったゲーム

知名度が高くて販売中止になる作品と聞いて、最初に私が思い浮かんだのがこちら。

やはり出てきましたねw

販売中止になったのはタイのようです。

タイではグラセフに影響を受けて、殺人を犯してしまったようです。いやー、怖すぎる。

ウルフェンシュタイン|販売中止になったゲーム

このシリーズはやったことないのですが、どうやら販売中止になったようです。

もうパッケージ見るからにアウトな予感がしますが、戦争が原因で販売中になったのだとか。

ドイツにて販売中止になっているようです。

ポケモン|販売中止になったゲーム

これを聞いた時はさすがに、嘘だろと声にでました。

サウジアラビアでポケモンの販売が中止されていたようなんです。

理由としては、ポケモンが進化するというのがNGらしいのです。

ポケモングッズを持っていると逮捕やら罰金やらされるらしいですよ。

フォールアウト3

フォールアウト3はインドで販売されていないようです。

販売中止というよりは、販売が元から禁止されてたのじゃないかと思われるとのことです。

ポスタル

続いての作品はポスタルというPCゲームでした。

知らない人も多いと思いますが、イメージとしてはグラセフに近いです。

やはり銃器をぶっ放す系のゲームが多い印象なのですが、ポケモンが入っているのは以外でしたね。

世界のコンテンツだと思って、持ち込んでしまうと大変な目に会うかもしれません。

 

 

 

【羽生さんの恐ろしい一手】羽生マジックに対する解説者の反応ランキングを見てみた

今回はゲーム繋がりで将棋に関する情報をお届けします。

将棋を知らないという人でも、みなさんご存知の羽生善治。

彼が指してきた一手にはまさしく「神の一手」とされるような場面がいくつもあり、それらをランキングにしたような動画がありましたので10位からご紹介します。

第10位「これが羽生さんの強さ」

場面はこのような状況。

さて、羽生さんはどこに打ったのかというと・・・・

3九香という手になりました。

そして解説者のセリフがこれでした。

「これが羽生さんの強さじゃないでしょうか…」

9位「羽生・天才の将棋」

この局面で指された手は、6五銀。

「この羽生・天才の将棋は。」とあまりにもすごい一手で恐ろしさすら感じてしまっていました。

それにしても画質が悪い。

8位「よく30秒で」

続いての一手を紹介していたのはこちら。

羽生さんが8四金を指したところです。

そして驚いた解説者の一言が

「しかしよく30秒でこんなことが読めますね」

ここを凌ぎ羽生さんの勝利へと続くのでしょう。

第7位「9四歩」

続いて紹介されていたシーンはこちら。

この状況でどこに打つのか?

打たれたのは9四歩。

解説者も唐突な一手に驚きを隠しきれていない様子でした。

このあとも総力を尽くすものの、羽生さんの王には届かずだったのかな。

第6位「な〜るほど〜」

さて、この局面で打たれたのは3六歩。

飛車を止めて、後ろに控える桂馬を捉えることとなる恐ろしい一手。さすがに攻め側も血の気が引きます。

このあとは「ほぉほぉ」の連続が続き「な〜るほど〜!」が炸裂しました。

第5位「常識外の一着ですね」

この場面で打たれたのは、8六歩。

解説者は「常識外の一着」として高く評価していました。

第4位「ひゃ〜〜〜!」

さぁ、羽生さんにとってよくない状況なのか、解説者は相手の勝利を確信しています。

そこで打たれた一手がこちらでした。

9六金。

解説者もひゃーと驚き、羽生さんが勝利を掴みました。

もうフラグ全開でしたからねw

第3位「天才の詰み」

全員が悩むこの一面。

羽生さんが指されたのは・・・

8六銀に打たれました。

解説者も最初はどういうことだろうと考えさせられていましたが、周りがだんだんと状況に気づきはじめます。

解説者からは「天才だ。の詰みです。」と驚いていました。

でもこの画面だと、どちらが優勢なのかわからない表情してますね。

第2位「おー!やった!」

さぁ、解説者の見解としては「ろくなものがない」状態。

そんななかで打たれる一手はなにかというと・・・

放たれたのは、5二銀!

おー!やった!!と解説者も驚き、こりゃ何ですか?と言われる始末でした。

第1位「あれれなんですか?」

さて、場面は終盤となっています。

このあとに2二銀と打ちます。

同金で銀を取られたあとの解説者から「おかしい」の連発。

何かがおかしい!あれれ!?あれー?

奇跡の大逆転を羽生さんがかましてくれました。

 

以上が羽生マジックとして紹介されいた内容となります。

面白かったので、別の棋士でも見てみたいところです。

【ウルトラマンのゲームの歴史を振り返る】ウルトラマンのゲーム 進化の軌跡 1983~2018

今回はウルトラマンに関するゲームをまとめた動画を視聴してみたので評価してみた。懐かしいものから、存在すら知らないものまで幅広いという印象。

もう何十周年も立つ、子供の人気ヒーローであるウルトラマン。

作品だけでなく、ゲームの数も多く世代によって懐かしいと思う作品が違うものである。

01.ウルトラマン怪獣大決戦

1本目に紹介されていたのは、ウルトラマン怪獣大決戦。

現代のような滑らかさはなく、パラパラマンガのように動く。

キャプチャはゼットンがが描かれているが、そのほかにもレッドキングなどの有名な怪獣が搭乗する。

フラッシュのごとく現れる怪獣をキックやパンチで殴ってスコアを稼ぐというゲームらしく、今ではミニゲームとも言えないようなものである。

02.ウルトラマン

横画面対戦ゲームで熱い戦闘が楽しめるウルトラマン。

対戦相手は緑色だがレッドキングで、スペシウム光線をあびせているシーンだ。

左下には見て見てといわんばかりのBANDAIの名前が乗せられている。

03.ウルトラマン 怪獣帝国の逆襲

ディスクシステムのウルトラマン怪獣帝国の逆襲(1987年)

ゲーム内では人間状態とウルトラマン状態になれるようで、画像はウルトラマン状態のものだ。

そして、目の前の小さな敵にチョップを繰り出さんとしているのだが、明らかにオーバキルw

敵がサングラスをしているので、テレサドン回の地底人なのだろう。

04.ウルトラマン2 出撃科特隊

1987年に発売されたディスクシステムのウルトラマン2 出撃科特隊。

画面だとわかりづらいが、画面丈夫にアントラーと思われし怪獣がいるのがわかる。

シューティングゲームのようだが、ウルトラマン2というタイトルなので、この後にウルトラマンとして戦闘するのだと思う。

05.ウルトラマン倶楽部 地球奪還作戦

ディスクシステムのウルトラマン倶楽部 地球奪還作戦(1988年)

こちらはウルトラマンを題材としたRPGのようで、マンというキャラクターが自分となる。

特徴的なのは「はなす」というコマンドがあること。交渉なのかはたまた、状況確認するコマンドなのかは不明である。

06.ウルトラマン倶楽部2

ファミコンから発売された、ウルトラマン倶楽部2(1990年)

こちらも先ほど紹介したゲームと同じくRPGとなっている。

特徴なのはFFシリーズのような戦闘画面と、作り込まれた怪獣のグラフィッックだろう。

これまで紹介したものと見比べてもらえれば一目瞭然だ。

07.ウルトラマン倶楽部 敵怪獣を発見せよ!

ゲームボーイのウルトラマン倶楽部 敵怪獣を発見せよ!(1990年)

コマンドカードバトル形式のような画面で、当時のゲームボーイやファミコンにはこのようなゲームシステムが多く存在していた。最近じゃみかけないね。

この後に、ウルトラの父がカネゴンに「キック」を食らわせるわけだが、ワンパンしてしまいそう。

08.ウルトラマン

SFC、MD、ACで登場したウルトラマン(1991)

ウルトラマンを操作して怪獣を倒していくゲームで、特徴的なのは怪獣のHPを0にしても倒せないこと。

怪獣を倒すには、相手のHPを0にした状態で、時間経過で溜まるエネルギゲージをマックスにしてスペシウム光線を放たなければいかない。

操作性の悪さから、思った以上に難しいゲームである。

相手をはめて倒すのが容易なシリーズでもある。

09.ウルトラマン ゲームボーイ版

先ほど紹介した作品のゲームボーイ版。

どこまで同じなのかは確認できていないが、システムはほとんど同じようだ。

10.ウルトラマン倶楽部 戦え!ウルトラマン兄弟!!

1992年のウルトラマンゲーム。

1マップ攻略型のシューディングアクションのような仕様となっている。

画面の相手は偽ウルトラマンだと思われる。

ウルトラマンレオの顔がじわじわとくるw

11.ウルトラマン倶楽部 怪獣大決戦!!

のちのスーファミターボの作品と似ている動きをする作品。

横スクロール型アクションでトゲや落とし穴もあり、シビアな操作が必要となる。

この時代はウルトラマン倶楽部の作品が非常に多いという印象を受ける。

12.CULTMASTER ウルトラマンに魅せられて

 

1992年にゲームボーイで登場した、ウルトラマンのクイズゲームのようだ。

ベムラーの斜視が妙にリアルだが、クイズ内容とは関係ない。

13.ウルトラセブン

先ほど紹介したウルトラマンの続編、別シリーズとなるウルトラセブン。

シリーズはほとんどが変わらず、相手のHPを削ったあとで必殺技を当てることで勝利となる。

このシリーズはグラフィックが美しく、怪獣の重さも伝わるゲームとなっている。

14.DATACH ウルトラマン倶楽部 スポ根ファイト

ウルトラマン倶楽部からスポーツゲームを詰めた作品のようだ。

画面ではレオとゼットンが戦っているのだが、明らかにゼットンのステータスが低い。

ウルトラマンを唯一倒した怪獣なのに。。。パワーぐらいつけてあげて。

15.ウルトラ闘魂伝説

アーケード専用のウルトラ闘魂伝説。

ファイナルファイトのように横スクロールで進んでいくアクションゲーム。

二人のマンが暴れまわる様子は、ザグレイトバトル2を思い出させる

 

アムロも搭乗のメガゼータ ジュドーも驚くほどの高出力MS!! 名前の由来はZZの〇〇が元!?その真相は・・・動画レビュー

今回はメガゼータと呼ばれる、ZZガンダムの改修機に関することについてです。

右側に写しだれているのが、メガゼータのデザインのようですが、白色というかシルバー色がベースのZZガンダムといった感じでしょうか。

大きく変更が加えられているなと思ったのは、脚部とバックパックで重火力じゃなくて、機動性を重視したようなデザインになっていますね。

 

メガゼータの基本情報に関して

動画ないで記述として紹介されている内容は、

「機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス」という漫画に登場したものらしいです。伝説巨神はイデオンのことかな?

型式番号 MSZ-009Mで、アムロやジュドーが搭乗しているようです。

ガンダムの公式設定って映像になったらみたいな暗黙の了解あるので、このメガゼータは非公式と言えます。

 

メガゼータはGソニックとGアタッカーの変形からなるもので、合体後も二人で操縦するそうです。

 

二人操縦というとパシフィック・リムなんかが最近のイメージですけど、アムロとジュドーが二人で共同操作なんて全くイメージつかないですねw

どちらもニュータイプなので、操作は全く問題なさそう。

でもニュータイプを1機にまとちゃうのってなんか戦力的に勿体無くないか?

 

また、腕がサイコミュ仕様になっていて、自由自在に動かすことができるようです。

機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス

また、後半には漫画のストーリーも紹介されていて、

どうやらジュドーがミネバ様を救出にいくというシーンもあるようだ。

劇中ではバケモノじみた火力で周りも困惑している様子が描かれているそうだ。

 

漫画のキャプチャを見る限り、設定絵よりもダブルゼータにかなり似ていると感じる。

個人的にはゴツゴツした装備は大好物なので、メガゼータのデザインも文句なしの有り!

でもこの作品の製品がキット化されることはなさそうですw