スマブラ

対戦ゲー・格ゲー始めるならどれがいい?スト5とスマブラを比較

e-sportという単語を耳にする機会が多くなり、対戦ゲームを始めてみたいなという人が増える一方で、何を始めるのがいいのか迷っているのをよく見かけます。

 

ゲーマーは一つのものを極めたがる傾向にあり、どのタイトルに注力すればいいのか迷っている人もいるのではないだろうか?

 

対戦ゲー(格ゲー)と言えば、鉄拳7、スト5が挙げられますが、最近ではスマブラも外せません。そこで、今回は自分がプレイしたことのあるスト5とスマブラを始めるならどっちが良いのかまとめてみました。

 

 

人口で比較する

 

どのタイトルでプレイするかは相当悩みました。その時に比較要素の1つとしてプレイ人口を参考にしたんです。人口が多いほど盛り上がり、対戦相手が豊富ということになります。過疎化した世界で上位目指してもね・・・。

 

人口はスマブラに軍配が挙がります。圧倒的に多いし、新規プレイヤーもどんどん増えている。対してストリートファイターは増えてる印象はない。新作が出た時に、引退プレイヤーが心機一転して戻って一時的に増えるという感じ。しかも、プレイ技術が活かせるため他の格ゲーに浮気しやすい。

盛り上がっていくのはスマブラ、このままだと盛り下がるのはスト5。

 

対戦する楽しさで比較する

 

ゲームにおいて大切なのはプレイしていて楽しいかどうか。対戦して勝ち負けにこだわって熱くなれるかどうか。

比較は難しくて、どちらも対戦自体は楽しいし、お互いにないものがある。

 

強いて言うなら・・・初心者でも楽しめるのはスマブラで、スト5は上達すればするほど楽しめるというスルメゲー。

最初から楽しみたいならスマブラ、玄人カッケーを目指すならスト5。

 

観戦する楽しさで比較する

 

スマブラの方が盛り上がる展開は多い。体力性じゃない分、逆転勝利の機会も多く見ていてヒヤヒヤする試合が多い。そして、演出がわかりやすいので歓声が上がりやすい。

対してスト5はわからないと盛り上がらないし、「おぉー!」という歓声よりも「そこでその動きか」と関心する方が多い。

ワイワイしたいならスマブラ、インテリしたいならスト5。

 

プレイする難しさで比較する

 

どちらも未プレイということであれば、圧倒的にスマブラの方が操作は簡単だ。シビアな操作も求められるが、練習すればすぐに実践で使えるレベルになれる。初心者でも1週間ほど意識して練習すれば、中級者と十分に戦えるようになるし勝てる。

対してスト5は1週間で中級者に勝てるかと聞かれるとセンスがないと難しいし、勝つために覚えることが多い。

コンボで見ても、スマブラはガバ操作でもコンボは繋がるが、スト5はスマブラに比べるとシビアな入力を要求される。

すぐに対戦したいならスマブラ、奥深い対戦をしたいならスト5。

 

ランクマッチの仕様で比較する

 

スマブラのレートは世界戦闘力になる訳だが、この仕様が微妙すぎてモチベアップに繋がらない。世界戦闘力は自分が何人よりも強いのかがわかる。例えば、戦闘力が100万なら自分のしたに99万9999人の弱い相手がいることになる。

では自分の上には何人の強い人がいる?それはゲーム内ではわかりません。

強さの参照として初級、中級、上級程度の参考にしかならない。

ランキングがないのでvipでもただ対戦するという感じになりがち。目指す場所を見定めにくい。

スト5はランキング形式で、ブロンズ、シルバー、ゴールドのように格付けも行われる。どこを目指すかという目標意識が立てやすいし、対戦前に相手のランクもわかるので1戦ごとに緊張感があるし、格上に勝った時の喜びがある。

スマブラは20~30万離れていても大差ないレベルだし、戦闘力が高い相手に勝っても「ざまぁ」程度しかない。アツい戦いもあるけどね。

スマブラはマラソン。スト5は登山。

 

キャラ性能で比較する

 

登場キャラ数で言えば圧倒的にスマブラが多い。スト5も40キャラと多いのだが約2倍近い差がある。

ただスマブラの方は、キメラキャラが多いなというの個人的な感想だ。

スマブラは見た目もサイズも違うのでキャラバリエーションも多く見えるが、意外と共通する性能の武器を持っている同じタイプのキャラが多い。技を説明するときに、「あのキャラの〇〇みたいな感じ」と例えられる。

見た目に違いがあるだけで、運用方法はだいたい同じ。だからキャラのバランスが取れているし、好きなキャラを使えるという利点もある訳だが。

デフォルメのかわいいキャラが良いならスマブラ、むさいムキムキマッチョがいいならスト5。

 

戦い方で比較する

 

スマブラとスト5の戦い方を比較すると、スマブラは強い択の差し合い。スト5は読み合い。

ステージを縦横無尽に動けるスマブラは押しつける戦い方が強く、スポーツで言うなら点の取り合いが激しいバスケ。スト5は技で返すのではなく、一度見てから捌き合う。スポーツで言うなら一本一本に隙をついていきマッチ制限のある卓球。バスケは5人スポーツだが、地上、空中、画面端、崖と動き回れるスマブラはそれくらい忙しいと思う。

殴り合うならスマブラ、読み合うならスト5。

 

プレイするメリットに関して

 

スト5の他の格ゲーに通ずるシステムなので、他ゲーにもテクニックを活かすことができる。スマブラは・・・特にないだろう。挙げるならプレイ人数も多いし、女の子も多いと思うよ。

格ゲーしたいならスト5。色々な人と関わりたいならスマブラ。

 

ぶっちゃけ言うとどっちがオススメ?

 

どっちかと言うとスト5。

キャラ追及の奥深さで勝るのと、それほどプレイしてないからスマブラと比較すると一戦一戦が新鮮なのかも。ランクが分かるのも良い所かな。

期待度で言うとDLCが豪華なスマブラの方が高い。

友人と集まった場合にどんなレベルでもワイワイできるのはスマブラだけど、オンで黙々とするならスト5。

スマブラ ルフレ初心者から中級者になるためのコツや立ち回り

最近はバンカズからルフレに乗りかえました。牽制しながら戦うというのが個人的に向いているので相性は良い。はずなんだが、なかなか勝てない。

ルフレ使いはじめたけど勝てないという同レベルの人に向けて、一緒に問題や改善点を探してみよう。

 

動きの早い相手が捌けない俺とあなたへ

少し使ってみて、得意不得意がはっきりわかるなと感じた。動きが遅いor巨体であれば牽制しやすいが、逆に動きがはやかったり小さい相手だと、ルフレ自身の遅さも極まって有利に立ち回れないことが多い。

遠距離技はタメが大きいので、飛び込まれると一方的にボコボコにされる展開が多かった。

 

対策として、動きの参考になるのはそらねこさん。どんな相手にも有利展開を作り出せている。なぜなのか・・・?上手いからという言葉だけで片付けないで観察してみた。

 

見てるとサンダーソードによる空中攻撃を多用していることがわかる。

牽制してから動くのではなく、動いて牽制できる状態を作っているのだ。相手もルフレに対しては近距離に詰めてくる動きが多いので、魔法で牽制ではなくサンダーソードをフルに活用して迎え打つ立ち回りが必要だなって思う・・・

 

ギガファイアーを多用している部分も勉強になった。サンダーは貯めておくだけ貯めて、牽制ではなく狙って使っているようにも見える。ギガファイアーは温存ではなく、高速回転を視野に入れてみるのが良さそうだ。

 

サンダーはどの段階が良いのかわからない俺とあなたへ

強い人の動画を見る限り、ギガサンダーまで貯めておく展開が多く、通常戦闘時の使用頻度の割合を表すとこんな感じ。

 

サンダー(2):エルサンダー(3):ギガサンダー(5):トロン(0)

 

ギガサンダーで固めて投げに持っていく展開は、そらねこさんにも多く見られた。ぶっぱせずに狙って使用して有利になりたいところ。エルサンダーの牽制はそこまで多くなかった。

ちなみに、トロンは溜めるにも放つにも時間がかかるので封印安定のようだ。

 

投げの選択肢は序盤は下投げ、後半は横投げ

下投げはコンボが繋がるので有効。しかし、80% 超えてきたあたりからは場外に投げた方が良さそうな状況が多いと感じた。崖位置にギガファイアーを置く牽制に繋がるので、ルフレ的には無理に空中に持っていくより、相手にいやらしい攻撃をした方が良さそうだ。

 

ルフレ初心者が覚えておきたいテクニック

 

ギガファイアーで崖淵を狙う

ギガファイアーを当てた時のコンボ(2連ギガファイアーや空中攻撃)

ギガサンダーを当てて投げを狙う

空前→空前→空N

 

 

将来的に覚えたいが中級者になってからで良さそうなテクニック

 

サンダーソードや魔導書のアイテム化を活用

エルウィンドで復帰阻止

 

 

スマブラ外でのルフレ

FE覚醒に登場するプレイヤーの分身となるキャラクターだ。そのため、男女の性別を変えることができたり、名前も自由に変更することができる(初期入力名がルフレ)。

ルフレと言えば、銀髪(男)に二つ結び(女)だが、本家ではいくつかの髪型から好きなものを使用できる。

カムイも同じ仕様のため男女変更できるが、ルフレと違ってカムイを中心に物語が動くため、キャラを作った後のプレイ感は異なる。

 

ルフレ=プレイヤーの分身。口数は少なく、まさに自分自身という感じ。1週目は出来心で女を選んだが、周りの男キャラに求婚されるのでドン引きした。ち・・近寄るな・・・。そして子供ができる・・・。

 

カムイ=物語の主人公。セリフも多く、カムイを通して物語を体験していくことになる。芯のあるゲームキャラ。ルフレとは別作品のFE ifに登場。

 

 

まとめ

遠距離による魔法牽制ばかり考えていたが、サンダーソードの強さは折り紙付き。消費を恐れずにサンダーソードで空中戦を仕掛けることをルフレ初心者は覚えておくと勝率アップに繋がりそうだ。