2020年 7月 の投稿一覧

これで全滅を掴みとれ!プレイグの立ち回りとオススメパーク【デッドバイデイライト】

プレイグを使う上での立ち回りについて解説

 

プレイグに激ハマりしていることもあって、今回はプレイグの立ち回りや対策をまとめたいと思う。

これから使ってみたい人、鯖側で逃げられるようになりたい人は是非ご覧ください!

 

プレイグは2種類のゲロで長期戦が得意なキラー

2種類のゲロを持つ徒歩キラー。

尻上がりタイプでゲーム後半に強くなるのが特徴で、一人吊るしてからが本領発揮。

 

そして、キラー一の美人。

 

移動速度は4.6m/1秒でトラッパーやヒルビリーなどと同じ基本的な速度だ。強ポジでのチェイスが苦手なら「パーク:まやかし」をつけてあげよう。

 

2種類のゲロ「黒死」と「汚濁」

プレイグあるあるだが「黒死」が通常の緑色のゲロで、「汚濁」が強化後の黒ゲロだ。

 

黒死について

チャージして前方に緑色のゲロを吐き飛ばすことができる。

着弾までに時間差があるので、サバイバーを直接狙うのではなく進行方向を予測して吐くのが良い。挙動慣れが必要で、鯖に振り子のように動かれたり足元に入られると当てるのがしんどい。

 

一度でも当てると、鯖は「感染1」の状態になり、アイコンにも緑色のゲロが付与される。

キラー側には見えないが、鯖側では感染ゲージが表示され、走ったり板を倒したりなどのアクションをすることでゲージが進んでいく。

また、プレイグの緑ゲロを浴びることでもゲージが進み、ゲージMAXで「感染2」の衰弱状態となる。

感染2は負傷状態+アイアンウィルでも音量を下げれないうめき声を発するようになる。また、感染者が通った後に「血」とは別に、緑色のガスが表示されるようになり索敵が非常に楽になる。

 

現環境では、感染を回復させない鯖が多いので、後半になるほど効果を実感できるはずだ。(2020年7月追記→回復するサバイバーの方が増えてきました。)

感染により負傷状態になっても、鯖は負傷ブーストできないので、そのまま追撃でダウンも取れるのが良い。

 

感染状態の鯖は、マップ内に配置される5つの泉のみで回復することができ、回復に使われた泉は「汚濁」状態となり、プレイグが回収することで緑ゲロが強化され黒ゲロになる。

 

チャージ中は、攻撃ボタンでキャンセル可能。

 

黒ゲロについて

強化時間は60秒(アドオンなし)。ゲロが黒色に代わり、感染を与えられなくなる代わりにダメージが入るようになる。

ダメージ後の硬直も少ないので、近距離でゲロを当てることができれば、逃げ去る鯖にもう1ゲロ与えることができる。

広範囲に吐くことができるので、救助狩り、複数人で発電機を修理している鯖に刺さる。さらに、板、窓を通り越して当てる事もできるため、チェイスにも強い。ただし板スタンを食らうと黒ゲロ状態は終了するので要注意。

 

ただ、現環境の問題として鯖が感染を回復しないというケースが多く、一度も汚濁の泉を使わなかったことも普通に起こる展開。

 

黒ゲロの難しいところは、どのタイミングで汚濁に切り替えるのかということだろう。

 

泉はマップにランダム生成されるので、場所が遠いと取りに行く時間がないからどうすれば良いのかわからないというのがプレイグの難しさに繋がっている。

 

汚濁を取りに行くタイミング

  • チェイス中の通り道にあった場合
  • 鯖の行き先が予測できる場合
  • 鯖を確殺する場合
  • 汚濁の泉の数が3~4になっている場合

 

  1. チェイス中、少しの寄り道で回収できるなら切り替えても十分にリターンがある。ただし、強ポジに逃げ込まれるくらいなら追い続けた方がいい。
  2. バベチリや監視など鯖の動きが読める場合、汚濁を回収してからの奇襲が効果的。
  3. 汚濁の強化時間は60秒。鯖が2吊り目なら吊った瞬間に汚濁を回収して、守ることも可能。

状況的に確殺しないと不味いという時には汚濁キャンプは驚異的だろう。

強化状態のプレイグになると鯖に「カーン」という音が響き渡り、鯖も「こりゃ無理だ」と戦意喪失なんてこともありえるかも。

救助に来ても、救助前に一撃、救助された後に両者に1撃でダブルノックアウトなんてことは日常茶飯事。

  1. 汚濁の泉は全部で5つ配置されており、5つ全てを使用されると、即座に黒ゲロに切り替わり、糞仕様のリセットが起こる。リセットされる前に、汚濁状態の泉を2~3個キープしながら戦いたい。

 

プレイグの立ち回り

まずは、鯖がいるであろう位置へ向かうのだが、道中に発電機があれば緑ゲロを一瞬で良いのでかけておこう。

緑ゲロをかけられた発電機は35秒間は感染状態となり、その間に触ると鯖も感染してくれる。サバイバーのアイコンをチェックするだけで索敵・遅延になるというプレイグの強みだ。

スポーン近くの発電機はかける必要はほぼないだろうが、少し進んだ先の発電機にかけておいて損はないだろう。

 

鯖を見つけたら、緑ゲロで負傷まで持っていくのがセオリー。ゲロによる負傷ならば、負傷ブーストが発動しないので素早くダウンを取れる。

二人以上で固まった鯖を見つけたら、ゲロを一瞬かけてターゲットを切り替える戦法も良い。

 

とにもかくにも始めは、感染者を増やしていくことを目的に進めると良い。

2~3人が衰弱したら、中盤戦と言ってもいいだろう。

 

中盤戦になると、大きく分けて2つのケースがある。

◆誰も泉を使って回復しない

◆誰かが泉を使って回復、他の仲間も紐をとかれたようにして使用

 

プレイグ 中盤戦の立ち回り

  1. 誰も回復しない場合

プレイグ対策として泉を使わないという戦法がある。全員、負傷状態のままになるが、プレイグに黒ゲロを使わせないという作戦である。

緑ゲロを吐きかける意味もないので、プレイグはただの徒歩キラーとなる。とは言え、常にノーワン+アイアンウィル無効による索敵力の高さから、苦労することはない。

正直、プレイグを使っていて嬉しい展開とも言える。

黒ゲロは強いのだが使用タイミングが難しかったり、緑ゲロを再活用したりと手間が増えるので、泉を使わないとしてもキラー有利と言える。

 

  1. 誰かが泉を使って回復、他も釣られて使用

ゲロを強化できる展開になるのだが、正直取りに行くのも面倒なので辛いところ。

中途半端に泉を使われて、感染者もいて黒ゲロを使える状態が一番うまい状況だろう。

 

プレイグにとって面倒と言える展開は、ほぼ同時タイミングで泉を使われリセットを食らうこと。高ランクになるにつれて、泉を取ってる暇がなくなるので起こりがち。

 

と、基本的に泉を使われようが使われまいがプレイグ有利と言えるので、状況に合わせて動くというのは変らない。

鯖視点で考えた場合、黒ゲロの脅威が自分ではなく仲間に向く事になると考えると回復しない方が良いのかも知れない。チェイスに自信がなければ、とっとと回復してしまうのも手だろうが。

 

ただ、黒ゲロへの移行がスムーズではないため、泉を使われる前提でのパーク構成の方が安定する。

 

プレイグ 終盤戦の立ち回り

残り発電機0~2個、1サク状態であれば、黒ゲロを使って圧をかけていきたい。

鯖が2人の状態、通電後などは泉を使ってくれる傾向があるので、これらをいかしていきたい。

感染者がいなければ、緑ゲロを発電機にかけて索敵していこう。

 

後半に強いプレイグはいかに序盤でもたつかないかが勝負の分かれ目である。

 

プレイグ で覚えておきたいテクニック

プレイグならではのテクニックも存在するので、キラーとして使うのであれば是非覚えておこう。

 

袋小路に追い込んだら、体でブロッキング

稀に岩場やオブジェクトによって、鯖が抜け出せなくなる時があります。

攻撃を一度当ててしまうと、無敵負傷ブーストによりキラーをすり抜けることができるのですが、プレイグの緑ゲロによる衰弱状態であれば、負傷ブーストも発動せず抜け出せないままダウンを奪えます。

体で道を塞いだら、緑ゲロをぶっかけてダウンを取りましょう。赤ゲロはダメージ判定になるのですり抜けられます。

 

感染していない状態で吊ってしまったら

感染していない状態で鯖を吊ってしまうと、救助感染できない。しかし、吊られた状態でも緑ゲロをかければ感染状態にすることができる。

吊られたままでは状態2にはならないが、忘れることなくかけてあげよう。

当たり判定は足元にあるので、何度もかけて煽りと捉われないようにしよう。

 

窓枠キャッチも積極的に狙おう

プレイグになれた鯖だと、最初は緑ゲロで負傷状態にもってくるとわかっているので、とにかく距離をとろうと目の前で平然と窓枠を使ってくることがある。

ゲロの感染にこだわらず、可能であればキャッチも狙っていきたい。

 

ゲート通電後も焦らずに緑ゲロで負傷状態にさせる

ゲート通電後、ゲートへ向かって走る鯖を発見。

ついつい通常攻撃を狙ってしまうシチュエーションだが、緑ゲロで負傷まで持って行った方がダメージ後の負傷ブーストがないので、逃げられずに済むことが多い。

 

プレイグ おすすめアドオン

黒死の効果を上昇させるものがオススメ。感染ゲージが溜まりやすくなるものと、クールダウンを減少させるアドオンはチェイス時間を短くできる。

緑ゲロの効果を上昇させるアドオンで、感染ゲージが溜まりやすくなる。

序盤が大切なプレイグにとっては恩恵の大きいアドオン。

 

黒ゲロ強化のアドオンも強いのだが、回復されない環境のいま、腐らせてしまうことが多い。

最近は割と使われることが増えてきたので、より使えるかも。汚染された泉を最初から生成させる、リンゴ2つ構成も強いです。

 

プレイグ おすすめパーク

プレイグは緑ゲロによる負傷状態の継続と、オブジェクトへの観戦による遅延が強力です。

爆発力を高めるパークよりも、しっかりと発電機を守りにいける構成がより光る。

 

イタチが飛び出した

後半に強いプレイグに遅延系パークは相性が良い。発電機にゲロをかけて長時間守れるので、破滅よりもイタチの方が勝ちやすい。

 

不協和音

サバイバーが発電機を二人以上で回している場合に通知を鳴らすパーク。二人以上いるので隠密行動も難しく、直ぐにサバイバーを見つけられる良パーク。

プレイグと相性の良い所は、反応した発電機に緑ゲロをかけてからチェイスすることで、終われていないサバイバーが発電機に戻ってきても、修理できないというメリットがある。

修理する奴は修理してくるんだけど、1人チェイスしながら、もう一人も感染させるという動きになる。

 

野蛮な力+監視

遠距離攻撃があると言えど、板を割ったり発電機を蹴ったりする必要はある。

野蛮な力は、キラーの作業時間を全体的に短縮できるので現在の爆速環境においてオススメ。さらに、監視とゲロの組み合わせによる索敵がより捗る。

 

死恐怖症+消えゆく灯

ふたつを組み合わせると良い感じに遅延を与えてくれる。衰弱状態を回復しない鯖が多いので死恐怖症は常に発動できる。逆に死恐怖症があると泉回復されやすくなるので、黒ゲロ関連のアドオンと相性が良い。

 

堕落の介入

プレイグの初期パーク。序盤の時間稼ぎになるのでオススメ。序盤しか活躍しないものの、現在は開幕で発電機が1台つくかつかないかなので、それを止めます。プレイグとも相性が良い。

 

蜘蛛

他キラーと比べると相性は抜群に良い。ただ高ランク帯では爆速発電野郎ばかりなので、悠長にトークンを貯めている時間はない。黒ゲロも蜘蛛トークンを失うので要注意。

 

まやかし

どのマップでも恩恵を感じることのできるパーク。遠距離攻撃ができるプレイグなら、すぐに鯖を移動させて狙い撃ちも可能。

遠距離攻撃持ちには不要と思われるが、まやかしによってサバイバーを仕留められる機会も多いので枠が有ればおすすめ。

 

プレイグに入れてもいいパーク

新破滅

キラーの中では相性の良い方だろう。後半まで残っていれば強いがイタチと併用できないので優先度は低い。当然ながら、後半に残っている可能性は低い。残れば強いという運ゲー要素に遅延という重要な役目は任せられん!昔の効果の方が、発電機から離れてくれるサバイバーが多いので良かった。

 

バーベキュー&チリ

BP2倍。アドオンを使いまわすためには入れておきたいけど、ゲロによる索敵もあるので、外せるなら外す。

 

観察&虐待

うめき声での索敵が強いプレイグにとって、心音範囲を狭めるパークは相性が良い。また、発電機に緑ゲロをかけて鯖が反応した際に、距離を取られすぎずに追うことができる。ある程度、サバイバーの動きに慣れている人なら不要。

 

個人的なプレイグの強化希望

やはり泉に関する効果を見直して欲しいというのが一番の要望です。

泉を使用すれば6秒で感染+負傷状態が回復するのが個人的には辛い。赤ゲロを使用(回収しにいく時間+サバイバーの索敵時間+ゲロを当てる時間)と釣り合っていないように思う。

 

かといって、負傷回復をなくせばプレイグ圧倒的有利となり、泉が使われなくなる。

泉での洗浄時間の調整があっても良いのだが、それだと面白味に欠ける強化ではないでしょうか。

 

全ての泉で洗浄去れたらリセットという効果をなくす、もしくはランダムで1~2個所の泉が綺麗になるという効果になれば、より泉回復によるタイミングが重要になり、長期戦になっった際のプレイグへの恩恵があるように思えます。

 

対プレイグ戦!プレイグがやられたらシンドイこと

有名な対策として泉を使わないという手段がある。

しかし、適度に回復していくのがプレイグへの牽制となる。とは言え、どこでもかしこも使って良い訳ではない。

修理完了後の発電機周辺の泉であれば(プレイグが遠くにいる時に限る)、プレイグを取りに行かせることで鯖は体制を整えることができる。

例えゲロが強化されても、鯖を見つけるまでには強化時間も半分を切っていることもよくある。

要はプレイグは感染を広めたいので、早めの洗浄は地味にシンドイです。場所によっては無双できることもあるけど、運要素も絡んできます。

 

チェイス時、まだ衰弱状態になっていないのであれば強引な板グルも時間を稼ぐことができる。

プレイグとしては衰弱で負傷ブーストをさせずにダウンを取りにくるので、衰弱にならない限りは走り回った方が時間を稼げる。小さな岩をグルグル回るだけで、無理に強ポジに逃げこむよりは良かったりする。

プレイグとしては、緑ゲロだけでのダウンを考えず、通常攻撃2発を狙っていくスタイルと使い分ける必要がでてきそうだ。

ガンダム見るならこれがおすすめ!ガンダムアニメシリーズおすすめランキングについて

今回はガンダムのアニメシリーズを対象に、おすすめランキングと題して紹介されていたものを見ていきます。

ガンダムシリーズにこれから触れていきたいと思っているけど、何から見ていいのかわからない!

そんな時に参考になる、おすすめランキングとなっています。

まずは、機動武闘伝gガンダム!

アナザーシリーズの第1作となるGガンダムがランクイン。アナザーシリーズとは、アムロやシャアが出る宇宙世紀とは全く違う世界を描いた作品です。

アナザーシリーズは基本的に単作品なので、どのシリーズから見始めても楽しめます。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

第9位には鉄血のオルフェンズがランクイン。アニメシリーズでは新しめの作品で、これまでとは違った泥臭いシリーズになっています。

止まるんじゃねぇぞで有名のオルガも登場する作品で、多くの人に楽しめると思います。

機動戦士Vガンダム

なんと8位にはvガンダムが登場。個人的には好きな作品ではあるが、不評の多い作品ではある。

子供の独断行動、ヒロインの肌が黒すぎ、歪なモビルスーツと苦手に感じる人も多いようだ。

ガンダムビルドファイターズ

ガンプラを使ったアニメシリーズで、他作品と比べると子供向けではある。しかし、様々な作品が登場することと、他作品のパロディも多く、はじめてガンダムシリーズに触れるなら良い作品ではある。

ガンダム0080 ポケットの中の戦争

宇宙世紀のOVA作品として、比較的見やすいのがポケットの中の戦争だ。

全6話と見やすくまとまっており、感動あり、カッコ良いシーン有りの良作品である。ヒューマンドラマがメインなので、ロボット好きには少し物足りないかも。

機動戦士ガンダム

初代と言われるガンダム作品。アムロとシャアが登場する、記念すべき一作目がここで登場。

作られた時代は古いものの、ストーリーとしてはよくできており、これにハマれば宇宙世紀にどっぷりと浸かることになる。

他作品と比べて、絵柄が古いのため、そこを我慢できるかどうかだろう。

機動戦士Zガンダム

続いてランクインしたのは、初代の続編となるZガンダムだ。

初代から7年後を描いた本作品は、アムロやシャアの成長した姿が見れたり、より魅力的なキャラクターを楽しむことができる。

機動戦士ガンダム ジ オリジン

こちらは初代ガンダムよりも昔の話を描いた作品。シャアの子供時代を中心に、ザビ家の陰謀について詳しく描かれている。

3位ではあるものの、単作品では楽しめないと思っているので、これには微妙の一言。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

アムロとシャアの最後の戦いを描いた映画作品。宇宙世紀のまとめと言って良い作品なので、単体で見るよりは初代、z、zzと見ていった後が良いだろう。

第一位はガンダム0083 スターダストメモリーズ

男臭さ、機体のカッコ良さ、魅力的なキャラのどれをとってもよく仕上がっている作品。時代的には初代とzガンダムの間となるが、作られたのは両作品より後。

後付け感が嫌だという人もいるが、多くの人が楽しめる作品である。

まだまだ楽しめるガンダムシリーズはある!

以上がおすすめのガンダムアニメシリーズでした。他にも登場していない作品で楽しめるものは多いので、これら以外も是非見てみて欲しい。